旭川の市場を自分たちで切り拓く。守成クラブはビジネスつなぐ架け橋です。

守成クラブとは

『創業は易し、守成なり難し』

「貞観政要」という中国の書物から引用した「創業守成」(守成は創業より難し)、同時に 「先祖の完成した事業を受け継いで守っていく」とする守成(史記)の言の2つを基に伊藤小一創設者が命名しました。


守成クラブは、単なる異業種交流会や親睦会ではありません。
世界的な不況に伴い、私達地方の中小零細企業を取り巻く経済環境はいっこうに回復する兆しが見えないのは皆様もご周知の通りです。 また、中央と地方、大企業と中小零細企業の格差がいっそう拡大している事も明らかです。
国や行政が進める法改正や景気対策といっても、私達地方の中小零細企業がその恩恵を受けて、安定した事業を進めていくには時間がかかるの現実ではないでしょうか。
このような厳しい時代背景の中、あなたの興した会社を守る事、引継いだ企業を守り抜く事を目的に、北海道で誕生したのが「守成クラブ」です。
「守成クラブ」では、会員同士が例会を通じて知り合い、共に力をあわせてお互いの商売繁盛を目的に、新しいマーケットを切り開いたり、 実利に徹した商談を積極的に行っています。さらに、北海道からはじまった守成ネットワークは、いまや全国に広がっています。


例会に大勢が集いあう事は、互いにビジネスチャンスを広げることになり、初めての出会いは、新たな市場が広がることを意味します。
また、大勢の経営者と交し合った名詞の1枚から、大きなビジネスチャンスが生まれます。さらに自らの行動から新たなマーケットを切り拓いていくことは、 昨今の厳しいビジネス社会で生き残る為には欠かせません。守成クラブの扉の向こうには「がんばってる」仲間達が、頑張るあなたを待っています。


情報

守成クラブ旭川の広報誌「re:cab」
ダウンロードが可能です!

ページ上に戻る