旭川の市場を自分たちで切り拓く。守成クラブはビジネスつなぐ架け橋です。

守成クラブ旭川広報誌 re:cab(リキャブ)

re:cab は毎月の例会時に、配布中です!
ダウンロードする際には、各号の「ダウンロード」という部分を右クリックで選択すると現れるコンテキストメニューより「対象をファイルに保存」を選択してください(ご利用のブラウザにより表現が若干異なります)。

No75.2017/7/6発行

No74.2017/6/8発行

No73.2017/5/11発行

No72.2017/4/5発行

No71.2017/3/7発行

No70.2017/2/7発行

No69.2017/1/12発行

No68.2016/12/6発行

No67.2016/11/15発行

No66.2016/10/5発行

No65.2016/9/7発行

No64.2016/8/4発行

No63.2016/7/5発行

No62.2016/6/7発行

No61.2016/5/11発行

No60.2016/4/5発行

No59.2016/3/3発行

No58.2016/2/8発行

No57.2016/1/14発行

No56.2015/12/3発行

No55.2015/11/5発行

No54.2015/10/6発行

No53.2015/9/3発行

No52.2015/8/4発行

No51.2015/7/7発行

No50.2015/6/8発行

No49.2015/5/11発行

No48.2015/4/7発行

No47.2015/3/5発行

No46.2015/2/9発行

No45.2015/1/8発行

No44.2014/12/8発行

No43.2014/11/6発行

No42.2014/10/7発行

No41.2014/9/4発行

No40.2014/8/7発行

No39.2014/7/10発行

No38.2014/6/10発行

No37.2014/5/8発行

No36.2014/4/15発行

No35.2014/3/6発行

No34.2014/2/6発行

No33.2014/1/8発行

No32.2013/12/5発行

No31.2013/11/7発行

No30.2013/10/8発行

No29.2013/9/5発行

No28.2013/8/6発行

No27.2013/7/11発行

No26.2013/6/13発行

No25.2013/5/9発行

No24.2013/4/9発行

No23.2013/3/11発行

No22.2013/2/12発行

No21.2013/1/16発行

No20.2012/12/10発行

No19.2012/11/12発行

No18.2012/10/15発行

No17.2012/9/10発行

No16.2012/8/6発行

No15.2012/7/4発行

No14.2012/6/11発行

No13.2012/5/7発行

No12.2012/4/9発行

No11.2012/3/7発行

No10.2012/2/8発行

No9.2012/1/16発行

No8.2011/12/7発行

No7.2011/11/10発行

No6.2011/10/12発行

No5. 2011/9/7発行

No4. 2011/8/9発行

No3. 2011/7/6発行

No2. 2011/6/8発行

No1. 2011/5/10発行


【re:cab】(リ・キャブ)の名の由来

守成クラブ旭川の現状と未来を、紙面を通して伝えることにより、現状に満足することなく更にチャレンジしチャンスを生かす前向きな会員をバンバン応援していく。そんな願いからこの名称をつけました。

【 re: 】
「re:」は元々、英語圏において文通の返信の表現として用いられていたという記録が1707年のオックスフォード英語辞典に残っている事から、それよりも古い時代から用いられていたのではないかと考えられる。英語圏のビジネスレターなどでは、現在も「…について」の意味で表題に用いられているが、今現在は、コンピューター用語の転用として、用いられている。 一般的な読み方としてはラテン語の「res」(・・・について)が語源であるため、「レス」と発音する。 本来であれば、「レ」と発音させるべきところではあるが、今回「守成クラブ旭川」として情報誌を発刊するにあたり、「・・・について」だけの意味ではなく、「refresh(リフレッシュ)」「retry(リトライ)」等々の「re(リ)」から「再び」「再生」の意味があり、視覚的(re:)聴覚的(リ)にもイメージしやすく、「守成クラブ」にもっともふさわしいと考え、「re:」を採用した。

【 C 】
「C」はCHANCE(チャンス)・CHALLENGE(チャレンジ)そしてCOLLABORATION(コラボレーション)の「C」で「守成クラブ」にはなくてはならない、頭文字である。

【 A 】
「A」はASAHIKAWA(旭川)の「A」であり、ACTION(アクション)を連想させる、大切な頭文字である。

【 B 】
「B」はBANG BANG(バンバン)の「B」であり、BUSINESS(ビジネス)の「B」であり「守成クラブ」として外してはならない頭文字である。

情報

守成クラブ旭川の広報誌「re:cab」
ダウンロードが可能です!

ページ上に戻る