旭川の市場を自分たちで切り拓く。守成クラブはビジネスつなぐ架け橋です。

守成クラブ旭川ルール 2017年6月改正

    1. 会員資格は「中小企業の経営者およびそれに準ずる方」となっていますので、会社での決裁権がある方のみに入会資格があります。
    2. 下記の業種については、ゲスト参加並びに入会を禁止します。
      宗教・政治・まち金・風俗店・暴力団関係・先物取引業・マルチまがい商法・ギャンブル・霊感商法、並びに公序良俗に反する商売の方。
      *例会時のチケットの [手売り] は禁止します。チケット販売の告知は、商談会で行ってください。
    3. 会員同士の取り引きについての心得
      当たり前のことですが、商道徳(ビジネスマナー)はしっかりと守りましょう。
      会員間取引は「守成クラブ旭川の会員同士だから」というだけで安易に取り引きができると考えず、 例会や委員会活動で会員同士がよく知り合い、企業の業況/営業内容/人柄などを充分に理解して、 相互の信頼関係の上に成り立つものと理解してください。
      基本的に、代表・副代表を含む世話人会は、会員同士の取引に際してのトラブルには関与しませんが、会の規律を乱すような方がいた場合には、代表・副代表を含む世話人、紹介者に相談してください。 そのような行き過ぎた行為があった場合は、対象者に厳重注意致します。状況によっては強制退会を命じ、全国の各会場事務局に通達します。
    4. 退会措置について
      上述している「会の規律を乱す行き過ぎた行為による強制退会」のほか、下記に該当する会員については(弁明の機会を付与しますが)世話人会で状況を共有・協議の上、厳重注意又は退会措置を取ることがあります。
      (1)年会費及び例会参加料の支払を守成クラブ旭川からの督促状発行日より30日間超過して滞納した者
      (2)会員登録している本人所属の会社が消滅した者。事業を廃止した者。
      (3)第2項に定める項目が入会後に発覚したもの(入会時の虚偽申告及び入会後に事業開始した場合を含む)
      (4) その他、守成クラブ旭川にふさわしくない行為を行ったと判断された者
    5. ゲストをお誘いする時には、第1項及び第2項を遵守し、第3項及び第4項を説明してください。
    6. 会員同士のアポ取り等電話の際には、必ず「守成クラブの○○です」と名乗ってから話を始めて下さい。
    7. 例会出席時には、参加者の属性により、以下の各色の紐付の名札を着用することとします。
      正会員:赤 / 準会員:緑 / ゲスト様:黄 / 正準会員の代理参加者・同行者:黒
      他会場からの参加者様:青
      上記名札は、受付時にお貸ししますので、例会終了後、必ず返却してください。また、貸与されているバッチの着用を強く推奨します。
    8. 会員の都合で恒常的に代理者が例会に出席する場合、その代理者に決裁権があれば、会員登録の変更が出来ます。
    9. 例会参加の出欠返事は必ず、旭川事務局へ返信してください。
      参加申し込み後のキャンセルは例会2日前までに事務局へご連絡ください。
      前・当日のキャンセルは参加料5,000円ご負担願います。
      なお、前・当日のキャンセルが止むを得ない理由であると明確に判断された場合には参加料を請求しませんので、必ずご連絡をお願いいたします。
      ※「キャンセルがやむを得ない理由」か否かの判断は、事務局(総務部)が判断しますが、前例の無い理由については、代表/副代表を含む世話人会で協議の上で判断します。
    10. 死亡弔慰金について。
      会員本人及び家族が死亡したときは、下記の内容で死亡弔慰金をお支払するものとします。 また、葬儀の際には、守成クラブ旭川代表及び会員一同名の花輪又は生花を供すこととします。 対象は守成クラブ旭川に所属する正会員(正会員となってから3年以上経過しているもの)とします。
       ○本人及び配偶者の死亡 ¥30,000
       ○実父母/実子の死亡 ¥10,000
       ○義父母の死亡 ¥5,000
      該当する場合、速やかに事務局までご連絡ください。また、会員本人が死亡した場合、その事実を把握した方も速やかな情報提供をお願いします。 (世話人、委員長を通じての連絡でも結構です)。



当ルールについてのお問い合わせは守成クラブ旭川事務局まで

情報

守成クラブ旭川の広報誌「re:cab」
ダウンロードが可能です!

ページ上に戻る